« Borderland | メイン | 吉岡、澤田がP-kraft加入! »



January 25, 2005

5nights&6days?最終回!

10月06日水曜/BE A GOOD BOY

4:00 起床 29_lastday.gif

昨日から続いて今日も雨。

珈琲を煎れながら、出国時よりも少し大きくなった荷物をまとめる。いつも、窓を空けてこっそりと煙草を吸っていたこの部屋ともお別れ。

チェックアウトをしに行ったフロントには今まで会ったことが無いボーイがいた。とっても感じが良い。例のとてつもなく感じが悪い巨漢のボーイは先日俺が外出時しようとしたら「鍵の掛け方ぐらい知ってろよ!さっさと行っちまえ!」とか息巻いていた。俺が英語が分からないと思っていたのだろう。まあ、鍵の件ではこちらのミスで迷惑掛けたが、お前は関係無いし。兎に角、このホテルが悪いわけではなく、あのボーイだけが悪い人だったのだと最後に分かって良かった。

7:15 タクシーに乗る

映画祭が手配してくれたタクシーを待っている。ホテルの前には数人の待ち人がいて、皆同じく空港に向かっているようだ。俺が吸い終わった煙草を携帯灰皿に押し込んでいると、つかつかとカナダ人のおっさんが近付いてくる。なんでも携帯灰皿を初めて見たらしい。「それ、超イカスじゃん!」「日本で1ドルで売ってるよ」「マジ?これカナダに輸入したら超儲かるよ!」確かに滞在中に何度か、携帯灰皿のことを指摘された。バンクーバーに滞在している邦人を通じてマジでビジネスしてみようか。

空港に向かうらしき大型のバスが近付いてくる。生憎我々はタクシーを予約してもらっているので乗るわけにはいかない。と、バスから運転手とおぼしき爺さんが降りてくる。「Hey! Boy! 空港行くんだろ?乗れよ!」え?俺?…いま何て言った?昨晩も大して年の変わらない学生さん達に30代後半と見られていた俺をBOYって言った?…やっぱカナダ人は見る目が違う!良い!すごく良い気分だ!

9:20 バンクーバー発

ほどなくタクシーが来て、無事に空港着。早朝の空港というのは相変わらず異様な雰囲気だ。音の無さ、濁った空気も相成って、広大な空間が強烈に重苦しく感じる。

ほんの少し残ったカナダドルを免税店で使い切る。胸に“バンクーバー”と描かれたTシャツとお約束のメープルシロップを買う。

10:00 シアトル着

行きとは違い、シアトルで乗り継ぎする。2年前にバンクーバーに訪れた際もここを経由した。なので2年ぶりに空港内のアイスクリーム屋に行ってみる。2年前のやたらと不機嫌な黒人の女の子はおらず、今度はやたらと人の良いおばちゃんになっていた。白川監督はどっぷりと甘いアイスを山盛注文する。俺は珈琲だけ貰おうとしたら、「珈琲は無料でいいわよ。そこの魔法瓶から好きなだけ持っていって頂戴!」だって。

ついこないだイチローが新記録を経てたばかりだから、グッズが売ってたりはしないものかと期待したが、それは見つからなかった。ただ、雑誌も新聞も表紙にイチローが目立っていた。

12:45 シアトル発

飛行機の中で「スパイダーマン2」と「ハリーポッターとアズガバンの囚人」を観た。両方とも大変にツマラなくガッカリした。

15:00 成田着

成田に降り立つや否や、携帯が鳴る。ああ、日本に帰って来たのだと実感。まあ、ここから東京までが遠いのだが、どうやら日常に戻ってきたらしい。明日から早速「SPICA」の準備に追われる。それにしても充実した5泊6日の旅行であった。バンクーバーで見聞き体験したこと、そして感じたことを映画に注ぎ込めればと思う。

というわけで5nights&6daysはお終い。

次はどんな映画で、どんな国へと旅立つのでしょうか。楽しみ。


投稿者 井川広太郎 : January 25, 2005 10:42 PM  [ バンクーバー2004(更新終了)]

0 コメント

トラックバックURL:http://www6.kiwi-us.com/~art/mt/mt-tb.cgi/186