« 表現の苦悩 あの時代 | メイン | 昔の作品について振り返る »



December 14, 2004

「戦場のピアニスト」

ようやくテレビで観ました。いや、なんとなく観る気がしなくて。。。ピアニスト系の映画が多かった時期ってありましたよね。ピアノレッスン、船の上のピアニスト、ピアニスト、、、、とかかな。一番好きなのはピアノレッスン。イカれた主人公のピアニストも割と好き。戦ピアは、もう展開は歴史で分かっているし、主人公は生き残るというのは自伝だしバレている。こういうのは難しいけど、唯一好きなのは「名前」のエピソードの所かな。(詳しくは書きませんが。。。)映画「ジュリア」のラストエピソードを思い出しました。親友の娘の話。ああいうのは、どうなったんだろうって、ずっと気になってしまいます。そういえば「ロレンツォオイルの奇跡」のあの子もどうなったんだろ。。。。

「青い鳥」のラストもそうだったな。。。これからどうなるんだよぉー!という不安と期待で観客の想像力をかきたてる力。想像力大好き。


投稿者 白川幸司 : December 14, 2004 10:47 PM  [ 映画REVIEW]

0 コメント / 0 トラックバック

トラックバックURL:http://www6.kiwi-us.com/~art/mt/mt-tb.cgi/160





コメントを投稿する












名前、アドレスを登録しますか?