« P‐kraft | メイン | スピカスチルイメージ »



November 26, 2004

ハウルの動く城(観た方のみ読んで)

(以下にはかなりのネタばれありますのでご注意を!)

早速、観て参りました。全体的に未消化の原作ものって感じがしました。新しく出てくる人物なりエピソードがつながっていかないもどかしさがありました。町が破壊されてる時さえ、前半の姉想いの妹はどうなったのか心配しないなんてーーっと、そんなアラばかり気になりました。一緒に観た二人もきっとアラ探しで盛り上がる作品なんじゃない?と言ってました。絵はきれいだし、世界観もいい感じなんだけど、、、シナリオって複数の作家らが関わるべきなんじゃないかと、こんな大きな予算の作品ならなおのこと重要な行程だと思います。今回は、原作ものなんだし、シナリオの作家性うんぬんはクリア出来てる訳だし。音楽はすばらしい。素敵なロンド。そして誰も死なないファンタジー。戦争なんて、どうでもいいのは分かるけど、説明無く時々若くなったりするのも分からないでもないんだけど、、感じさせる内容でもないんだし、中途半端さを強化させただけかも。せんとちひろの中途半端なごちゃごちゃ感は「夢だったのかしら?」というラストの感覚には良かったかもしれないけど、今回は、ヤバイくらいに、まとまらず説明せず。・・・・ソウを早く観なきゃね。。。。


投稿者 白川幸司 : November 26, 2004 09:07 PM  [ 映画REVIEW]

0 コメント / 0 トラックバック

トラックバックURL:http://www6.kiwi-us.com/~art/mt/mt-tb.cgi/141





コメントを投稿する












名前、アドレスを登録しますか?