« 青い部屋出演!! | メイン | 東京失格 »



September 23, 2004

名画座

・・・BIG3・・・

新文芸座
池袋にある名画座の代表格。旧文芸座には毎週の様にオールナイトを観に行っていたので思い入れがあるが、新しくなってからも結構好き。テーマを決めての日替わりの特集上映はかなり魅力的なプログラム。最近では中国映画祭が良かった。日本の名画も多数上映。並木座亡き今、その役割は重大。

早稲田松竹
高田馬場にあり一度は休館に追い込まれるも早稲田の学生が復活させた。ここも以前は良く通った。一週間ごとに二本組で上映するのだが、その組合せが面白い。お陰で単体では食指の伸びないような掘り出し物に出会うこともしばしば。ここでの一番は「ID4」(96/ローランド・エメリッヒ)と「ファングルフ」(97/アンソニー・ウォラー)。

ギンレイホール
飯田橋にあるだけあって、文芸物を中心にセレクションが渋い。二本組が二週間交代で、偶に驚くほど素晴らしいプログラムがあるので要チェック。昔は座席が窮屈で苦労したが今は随分快適になった。年間パスポートも使える。最近ここで観た「ジョゼと虎と魚たち」(03/犬童一心)俺は好き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・お洒落さん・・・

目黒シネマ
ここ最近は行ってないので詳しいことは良く分からないが、劇場が綺麗なのと、いわゆる話題作を隈なくラインナップする点に好感を持つ。

下高井戸シネマ
レイトショーで時代や国を問わず名作を扱う。タルコフスキー、ソクーロフ特集の時は毎日通った。

ラピュタ阿佐ヶ谷
日本の過去の名作を上映。なぜか「モレク神」(99/アレクサンドル・ソクローフ
)を配給し、その時は良くぞやってくれた!って感じだった。

・・・その他・・・

新橋文化劇場
はるか昔のクリスマス・イヴに高熱の中「暗戦 デッドエンド」(99/ジョニー・トゥ)を観に行った高架下の劇場。


三軒茶屋中央・三軒茶屋シネマ
三茶には名画座が二つもある。が、両方とも随分行っていない。


浅草名画座  任侠物を3本立て上映
浅草中映   普通の名画座
浅草新劇場  50〜70年代の日本映画
浅草は上手に住み分けています。


投稿者 井川広太郎 : September 23, 2004 11:56 PM  [ 映画REVIEW]

0 コメント

トラックバックURL:http://www6.kiwi-us.com/~art/mt/mt-tb.cgi/84